ダイエットは楽しくなければ続きません

【投稿】papayapapa様(54歳、男性)

私は就職した頃は、体重が55kgしかなく、身長もあったことから、体型はYA型で、周囲からは良い体型だねとおだてられていました。
そんな私が、結婚後の幸せ太りなのか、あっという間にぶくぶくと太ってしまい、つい最近まで体重は85kg、腹回りは105cmでBMIは28という明らかなメタボリックシンドロームと診断されるとは、夢にも思っていませんでした。

もちろん、体重が70kg台になったときに、まずいと思い、ダイエットに挑戦しました。
最初に挑戦したのが、ゆで卵ダイエットという方法です。

これは、1日3食ゆで卵だけ食べればダイエットできるという今思うに過激なダイエット方法でした。
卵は栄養学的には栄養素のすべてが含まれる完全食品なので、食事は1日3回ゆで卵だけを食べ、最大10個までというダイエット方法です。

2週間ほど実践し、5kgほど痩せることができました。
しかし、痩せるのは、考えようによっては当たり前です。
摂取する絶対カロリーが少ないので、痩せるのは当たり前です。
ですが、問題は副作用でした。

とにかく最後の方は耐えられなくなりました。
ゆで卵のもさもさ感は、のどを通りにくく、この苦行をなぜ続ける必要があるのかと懐疑的になっていまい、止めました。
大げさですが、生きる意義が見出せなくなるほど、毎日が惨めになってしまったからです。
見事なほどにリバウンドしてしまい、ダイエット前よりも3kgも太ってしまいました。

そして、体重が85kgになったときに、ノルディックウォーキングに出会いました。
これは、ただ歩くのではなく、ポールと呼ばれるストックを持って歩く運動です。
ポールが歩く早さに推進を与えてくれ、ぐんぐん早く歩くことができます。
ポールを使うことで、身体全体を動かすことになり、無理なく効果的な有酸素運動ができるのです。

非常に楽な割には、消費するカロリー量が多いので、どんどん痩せることができました。
初めて3ヶ月になりますが、5kgダイエットに成功し、あこがれの70kg台となりました。

ようやく長続きできるダイエット法に出会え、次は75kgを目指そうと目標もでき、充実した日々を過ごしています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ